☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 会社を設立して節税する > 会社を作り節税する

会社を設立して節税する

会社を作り節税する

情報商材を買ってみました。
アフィリエイトをして高収入を目指すと成功したら
いつかは納税申告をしなくてはならないときがくる。

いや、そうならなければやってる意味がありませんね。
そのときのための勉強もしておかなければいけないんです。

ロバート・キヨサキ著の「金持ち父さん・貧乏父さん」
のなかでもしつこく出てくるが、合法的に節税をしないと
いくら多く稼いでも手元に残らない。

なぜ、自分で会社を持っている人が、普通のサラリーマン
よりお金持ちなのかの大きな違いの一つに経費で落とせる
という特権を使えるからだといわれている。

サラリーマンなら、給料から税金を引かれて手取りとなる。
経営者は、利益から先に経費を引いてしまい残りから
税金を払う。

サラリーマンは、もらった手取りの給料から、すべて支払いをする。
車、ガソリン代、家賃、電気代、電話代、新聞代、水道代、・・・・。

経営者はやり方によっては、それらをほとんど、経費で処理する。
場合によっては、家族の外食も家族旅行もだ。

こんなものまで経費で買える
テレビも、新聞も本も仕事の資料として使うなら経費で買える。

この資料には、普通は税理士さんにはいいにくいところまで
書かれている。

無条件ではというのではなく限度もありますから
細かいところでは、専門家である顧問税理士さんとの
相談にはなりますが。

私には、まだまだ早すぎる資料ではあるがいずれはやらなければならないし
これを使わないような稼ぎであればサラリーマンやめて独立を目指す意味がない。

返金保障もついているので買ってみた。
なるほどと思うことばかりであるが、今の私には稼ぎがついていっていない
将来への自己投資である。

これが、わずか5千円で手に入るなら本屋で本を2〜3冊買うのと変わらない。
本屋の本は、当たり障りないことばかりといわれている。

私は、印刷してある7,500円のを買った。
何度も読み返したいからだ。どうせ自分で印刷するのなら
きちっとファイルされてる方がいい。

2500円でプリントアウトしてファイルしてもらったようなものだ。

送られてきた、ファイルは、A4のコピー用紙を市販のファイルで綴じたもので
きっりした製本ではない。
誰でも簡単にできるファイルである。

しかし、しかし、中身は濃い。
そしておまけまでついている。
「日本一簡単な一人株式会社設立マニュアル」だ。

会社設立法が変わって簡単に株式会社を設立
できるようになった。

どんな書類を用意して、何処へ提出するのかはもちろん
費用はいくらかかるのかなど詳しく説明してくれいる。

様式は、名前や住所を変えるだけでそのまま
コピーアンドペーストして使ってくださいという。

おまけだけでも値打ちがある。

安く買えてラッキーでした。