☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 相続税・贈与税について > 相続税について知識を得ておきましょう。

相続税・贈与税について

相続税について知識を得ておきましょう。

いつかは、遭遇する、相続税自分が、家を建てるのに苦労したから、せめて息子には苦労をさせたくないと、ポンと家を買ったやったのはいいが ある日玄関のチャイムがピンポ〜ン! 

・・・こんにちは、税務署ですが。

そんな ことになろうとは・・・結局知らなかったばかりに高い相続税がかかってしまいせっかくの親の好意が お国のために・・・

 

今のうちに知識を身につけてご利用は、計画的に。

 

知識をつけるには国税局のホームーページで調べるのが早道。 詳しくは、国税庁をじっくりとみていただきたいのですが国税庁によりますと 相続税がかかる人及び相続税の課税される財産の範囲は、以下のとおりです。

 

 (1) 相続や遺贈で財産をもらった人で、財産をもらったときに日本国内に住所を有している人 もらったすべての財産

(2) 相続や遺贈で財産をもらった人で、財産をもらったときに日本国内に住所を有しない人で次の要件全てにあてはまる人イ 財産をもらったときに日本国籍を有しているロ 被相続人又は財産をもらった人が被相続人の死亡の日前5年以内に日本に住所を有したことがある もらったすべての財産

(3) 相続や遺贈で日本国内にある財産をもらった人で日本国内に住所を有しない人((2)に掲げる人を除きます。) 日本国内にある財産

(4)上記(1)〜(3)のいずれにも該当しない人で贈与により相続時精算課税の適用を受ける財産をもらった人

 

相続時精算課税の適用を受ける財産 相続税額の算出方法は、各人が相続などで実際にもらった財産に直接税率を乗じるというものではありません。 正味の遺産額から基礎控除額を差し引いた残りの額を民法に定める相続分によりあん分した額に税率を乗じます。

 

この場合、民法に定める相続分は基礎控除額を計算するときの法定相続人の数に応じた相続分により計算します。  実際の計算に当たっては、民法に定める相続分(法定相続分)によりあん分した額を下表に当てはめて計算し、算出された金額が相続税の基となる税額となります 。

 

課税標準        税率         控除額

1,000万円以下    10%             −  

3,000万円以下    15%        50万円

5,000万円以下    20%       200万円

1億円以下        30%       700万円

3億円以下        40%      1,700万円

3億円超          50%      4,700万円

 

国税庁には、シュミレーションで計算できるようになっていますので確認しておきましょう

また、時代ともに金額の変更などもありますので詳しくは国税庁で確認してみてください。  

あなたの資産は大丈夫?