☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 株の負け方教えます。 > 株を始めたきっかけ

株の負け方教えます。

株を始めたきっかけ

株はネット取引が日本に普及し始めたちょっと前に始めました。 最初はネット取引ができる前に上司の影響で投資信託から始めました。 たしかそのときがバブルの頂点だったのではないかと思います。

 

小心者ですから元金を割るのが怖い。

数学が苦手なので数字が大嫌い。

 お金は汗を流してコツコツ貯めるものと教育されてきている。

投資など一度も習ったこともなければ、勉強しようとしたこともない。

 

どちらかというと逃げてきた。 そういう世界もあるのだろうけど、私には関係ない。 何十年もそんな感じで目をふさいできた。

 

会社に銀行の営業担当が来る。上司はかなり親しいので、いろいろ相談に乗ってももらって投資信託を始めた。すぐに儲けが出たらしい。

 

そこで、ついに私も飛び乗ってしまった。

最初は投資信託で20万だった。ものの一ヶ月もしないうちに1万円台くらいの利益が乗った。すぐに売って利益確定をした。

 

 銀行の担当者は、 え もう売るんですか? とあきれ顔 投資信託というのは10年も20年も持ち続けるというのが普通だそうだ。

 

 ビギナーズラック 誰にでもある転落の入り口。 素人の偶然は何度も続くわけがない。 そんなことがもしあったら・・・ 言っておきますよ。 それは、神様がくれた言葉です。より慎重になりなさいという教訓です。

 

私は、そんなことは気づかず、俺はすごいぞと有頂天。 普通の安月給のサラリーマンが1ヶ月しないうちに一万円以上の不労所得を手に入れた。

 

 それに気をよくして今度は定期預金を解約して、百万単位で注ぎ込んだ。

 

毎日、会社で日本経済新聞を見ては一喜一憂していた。 一日の変化で5〜10万の利益が乗ってることも珍しくなかった。逆にそのくらい下がることもあるわけだ。 間違いだらけのデイトレード。貴方はまだデイトレにムダ金を費やしますか?

 


あなたの資産は大丈夫?