☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 株の負け方教えます。 > スタートはしたものの

株の負け方教えます。

スタートはしたものの

そんな感じでスタートしたが、このときはまだ、投入金額が大きければ大きいほど利益もでかいぞ、と信じて疑わなかった。

だから、投入金額が大きければ大きいほど損失も莫大になるという当たり前の事実が頭から飛んでいた。

上司は多分、私よりははるかに資金力があるので大きな取引をしていたと思う。

ネットで取引が可能な環境になり、投資信託より株取引のほうが、儲けは大きいぞと有頂天になり、株にものめりこんでいった。

事実、1週間で10万くらい利益確定したこともあった。

会う人みんなに株は儲かるよ。簡単だよと吹いて廻った。

その後、急落で儲けの何倍も失ってしまった。損切りなどという言葉さえ知らないど素人であった。

下げ続けても、いつかは戻るはずだと信じて半分になってもさらに半分になっても持ち続けた。

どうしようもなくなってやっとあきらめ、次々と損失を確定した。

それは、なんとつい最近もやってしまった。

そのときでも、車が買える金額は損を出してしまったが今回もそうだ。

買うときより、売るほうが難しいというが、売るときは、利益が乗っているときはどこまでもついていけばいいが、逆の場合はいかなる理由も理屈もつけず即、損切りをしないといけない。これを体と頭に叩き込んでおかないと、大損するのは塩漬がほとんどだ。

これが株のスタートであり第一期です。

間違いだらけのデイトレード。貴方はまだデイトレにムダ金を費やしますか?

あなたの資産は大丈夫?