☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 株の負け方教えます。 > つかぬはやめよ、迷ったら手仕舞え

株の負け方教えます。

つかぬはやめよ、迷ったら手仕舞え

何をやっても裏目に出る、いわゆるスランプ状態のときなど、買えば下がる、売れば上がる、じっと持ち続ければじりじり下がる、見来るとその後急騰。



誰しも経験するそんなときは、全部処分してしばらく相場から離れるのがよしということ。

そんなときは、やればやるほど深みに落ち込んでしまう。

損をすれば、早く取り返したと、あせる。大儲けしようものなら、もっと もっと とあせる 人間の心理ですから当然のことです。

そこで、いつの間にか冷静さを見失い、感情が支配して熱くなったどんどん深みにはまっていく 上級者や経験豊富な人は、それを理解している。時にはそれを逆手に取ることもあるという。