☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 転職体験記 > 仕事体験記

転職体験記

仕事体験記

転職して2年近く経ちました。

 

私は、再就職するときこれだけは 譲れないといういくつかのプライドが残っていた。

 

職業訓練所の教官は、再就職するときのコツは

 

「過去の栄光にこだわらないことだ」

 

とおっしゃっていた。

 

私が譲れないといういくつかのプライドというのは

 

子供くらいの年齢の若者にこき使われることはイヤだ

朝礼などで接客用語などを大声で叫ばされることはイヤだ

土日祝は休めること

真夜中早朝などの出勤はイヤだ

接客業はイヤだ

ノルマがある仕事はイヤだ

 

などなどである。 しかし、実際にやってみると

 

子供くらいの年齢の若者にこき使われることはイヤだ

 

こき使われてるとまではいかないが、指導される立場にある。しかし仲良くなればなんてことはない。

 

朝礼などで接客用語などを大声で叫ばされることはイヤだ。

 

朝から大声を出すのは気持ちいいし慣れるとなんでもない。美人の近くになることもあり朝からラッキーだったりすることもある。

 

土日祝は休めること

 

これが一番!!自分自身の意識が180度転換した。

 

土日祝出勤するということは=平日休暇ということ。

 

この平日休暇がなんと便利なことか 銀行・病院・官公庁、などに行くのになんのためらいもない土日祝の休みだと平日の休みの都合をつけるのにかなり苦労する。

 

そして、極めつけは、年末年始・GW・お盆・SWなどの連休なんてどうでもいいとまで思うようになっている自分がいた。

 

幼稚園から始まった日曜に休むという長い習慣。 社会人になってからはそれに土曜日が少しずつ加わった。 転勤になり、連休は実家などに帰省するためのもっとも大切なまとまった休みであった。

 

また土日の2連休でも休み初日は思い切り趣味を満喫して2日目の休みでその疲れをとりまた月から金まで仕事に励むといった生活サイクル。

 

しかし地元から通う人は帰省するという感覚がない。

 

長年地元から離れてない人はいう。 2連休なんていらないそれより何日連続出勤があるかが重要だ。休みの連続日よりは出勤の連続日が気になるのである。

 

要するに連続休暇なんていらないけど、連続出勤はイヤだ。月から金までの5連続出勤など苦痛だ そういう人がほとんどなのである。

 

年末年始・GW・お盆・SWなどの連休を完全にばらばらにして、3日出勤して一日休み2日出勤して一日休みなどのほうが楽だというのです。

 

私もそんな気持ちになってきました。

 

たとえ早朝から夜遅くまで趣味を満喫してあくる日勤務だとしても2日出勤すればまた休みというようなサイクルですから慣れればこちらが体力的にも精神的にも楽だという気持ちに変わりました。

 

それから通勤のラッシュにあわないという利点もありますし、平日はどこも混雑知らずです。

 

 真夜中早朝などの出勤はイヤだ

 

これは現在でもそのまま通してますがそんな勤務形態の会社を選択しなかったからです。

 

しかしそういう勤務体制も慣れるといいのかもと思います。 土日祝の休みにこだわっていたのにイザ自分の立場が変わるところっと変わってしまうように。

 

新聞社に勤めている知り合いは、夕方5時ごろ出勤して翌朝帰宅です。 すると朝からまる一日の昼間は自由です。 だから普通の朝出勤夕方帰宅という通勤体制には耐えられないといっていたのが今でも強く印象に残っています。

 

接客業はイヤだ。

 

結局自分の経験を使わざるを得ず接客業をしています。嫌な客も多いので未だにあまり好きではありませんが仕方なくといった感じです。

 

ノルマがある仕事はイヤだ

 

ノルマがないということは精神的に楽です。しかし、その分以上に収入が減少しています。

 

これでいえることは自分で体験してみないとわからないことがありますよということ。 今までは食わず嫌いだったことがたくさんありますよということ。