☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 健康保険を安くする方法 > 誰に相談するでしょうか

健康保険を安くする方法

誰に相談するでしょうか

 

あなたは、国民健康保険料を安くするためには、誰に相談するでしょうか?

通常は社会保険労務士でしょう。 確かに、社労士の方は国民健康保険、国民年金のプロです。

 

しかし、あくまでも制度のプロであって、「あなたの手元にお金を残す」という観点から 国民健康保険・国民年金を考えている方は非常に少ないようです。

 

特に税金なども考慮に入れ、あらゆる視点から考えられる社労士は、 まずいないと思っていいでしょう。

 

財務コンサルタントという立場上、 『国民健康保険料を安くするためにはどうしたらいいの?』 というご相談が、これまで何十回、いや何百回と寄せられました。

 

その度に、私は必死で国民健康保険(あるいは国民年金)の仕組みを学び また、削減するにはどうしたらいいのか、を研究してきました。 その結果、今では、国民健康保険・国民年金の削減ノウハウに関しては 相当なまでに熟知しています。

 

もちろん弊社には、社会保険や年金に関する専門家の社労士もスタッフにいますので、 私のやり方に問題がないことは確認済みです。

 

国民健康保険料を下げる前に、まず知っておくべきこと。 それは、「国民健康保険の算出方法」です。 つまり、どのようにしてその金額を提示してきたか、ということです。 これを知っておくことで、国民健康保険が安くなる理由がわかります。

 

私は上記に紹介したAさんに、 まずは「国保の計算方法がどんなものなのか」、ということから説明しました。 なぜなら、実はこの計算方法を知ることが、とても大事なことだからです。

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル