☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 健康保険を安くする方法 > 大幅削減する合法的ノウハウ

健康保険を安くする方法

大幅削減する合法的ノウハウ

 

さらには、 といった、『国民年金と国民健康保険で大幅削減する合法的ノウハウとは?』

を中心に解説しています。

 

ただし、これらはマニュアルに記載されているノウハウの一部に過ぎないことを 覚えておいてください。 この数年をみても、国民健康保険料に関するご相談は非常に多く寄せられます。

 

そこで、私は再確認しました。 世の中に多くの人が、国民健康保険や国民年金の支払いに困っているという事実を。

 

そして、私がその方法を伝えられることができるのではないかということを。 そのために、「まずは直近で証明する必要がある」そう思った私は、 まずはある1人のクライアント様に弊社マニュアルを実践してもらいました。

 

それが下記のBさんです。 Bさんは豊中市在住の30歳(独身)です。 年収は額面240万円(月平均20万円。給与所得控除は90万円=所得150万円)です。 そのBさんの国民健康保険料は一体いくらなのでしょうか?

 

元々の金額はと言えば、計算式にあてはめてみると・・・

 240万円−90万円−33万円=117万円

◆´×10.18%=119,106円  27,667円  38,309円×1人=38,309円 ですので、  +  +  =185,082円 になります(月平均15,423円)。

 

Bさんからの最初の一言はこれでした。 そこで、私はこのマニュアルを渡し、実践してもらうようにお願いしました。 そして結果はどうなったのか? なんと年間19,791円です(月平均はたったの1,649円)。 そもそもの金額から、なんと165,291円もの国民健康保険料の削減に成功しました。

 

しかも、国民年金についても、マニュアルを実践して頂き、 その結果、支払わなくてよくなりました。 もちろん、支払わない分は、将来の受給は少なくなりますが、 まずは「今」を大切にしないといけませんから。

 

いかがですか? Bさんが実践した内容は、マニュアルをご覧頂いて、その内容を実践しただけです。

 

Bさんの事例は、決して偶然ではなく、制度をしっかりと利用したあるノウハウを実施すると、 法律上、国民健康保険料の削減が可能となるのです。

 

なので、Bさんのようなケースに該当すれば、 あなたも、国民健康保険料を大幅に削減することができるのです。 詳しくはこちらのサイトをご覧ください →国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル