☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > ハローワークへ行くには > 初めての失業給付はいつごろにもらえるの

ハローワークへ行くには

初めての失業給付はいつごろにもらえるの

自己都合で辞めた場合を除いて約一ヵ月後くらいには振り込まれてきます。ただし、最初は待機の7日間もありその間は対象外となり2〜3週間分です。

その後2回目以降は、4週間おきの認定日のあと、問題なければ数日後にきっちりと4週間分ずつ(28日分 7日×4週間)振り込まれてくる。

ただし、アルバイトなどの収入があればその分は差し引かれます。

失業給付には税金はかかりません。確定申告に関係ありません。

初めての給付までの流れ

1. 初めてハローワークにいき受付してもらい説明会の日を聞く
2. 指定された日の説明会にいき書類を受け取り初回認定日を聞く
3. 1〜2週間過ぎた第一回の認定日に説明会でもらった書類を持って出頭する
4. 数日後に初回振込みがある
5. その後4週間ごとの出頭日の数日後に4週間分振込みがされる


自己都合で辞めた場合は3ヶ月間の給付制限がつくので最初の振込みまで4ヶ月もかかるということになります。自己都合とは、会社の倒産とか、リストラと名で辞めたのではなく、会社や社長が気に入らないとか、もっと条件のいいところへ転職するとか自分の都合により退職したのことです。(自己都合でも定年退職扱いは除く)

4ヶ月間無収入はかなりきついので理解した上での退職をしないと、こんなはずではなかったのにと泣きをみることになります。

それから以降は会社都合で辞めた人と同じ流れです。

自己都合か会社都合かを判断するのはハローワークであり本人の考えとは違う場合もあります。

自自己都合でも給付制限がつかないものは、

健康上の理由、体力不足、病気、ケガ、医者から仕事をしないほうがよいと判断されたとき、家族、親族の病気、ケガ、やむをえないと判断される家庭の事情、妊娠、出産、育児、そして定年退職者です。

会社都合と判断されるものは、勤務先が移転して通勤時間が往復4時間以上になった。
採用時から労働条件が大きく食い違ってきた。話が違うではないかみたいな。
2ヶ月連続で、給与の3分の一以上が未払い。
給与が85%未満に下がった(残業手当は含まない)
特定の職種に就くことでの採用なのに、別の職種に配転され、給与下がった。
上司や同僚からのいじめ、嫌がらせ
リストラや希望退職に応募した

などがあります。