☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 健康保険はどうなる > 退職者の健康の保険はどうなるのか

健康保険はどうなる

退職者の健康の保険はどうなるのか

会社によっては、2年間は継続してくれるとこともあるので会社に聞いてみよう。国民健康保険に加入するか、会社の保険を継続するかは自分で決断しなくてはならない。保険料が安いほうにすればいいわけです。

退職者医療制度の資格者についての条件はこちらにあります

国民健康保険に加入するとして毎月の支払い金額はいくらになるのか?
市町村役場へ聞けば金額はすぐはじき出してくれるから電話一本で確認できるので
面倒がらずに電話してみましょう。
個人の情報は把握してますから名前を言えばものの数分で回答してくれるでしょう。

国民健康保険は市町村が運営しているのでそれぞれの財政事情によって保険料にはかなりのばらつきがあるというのはニュースなどで聞いたことがあるかと思います。
辞めた会社に「健康保険資格喪失証明書」を作成してもらいそれを市町村の保険の窓口に提出する。期日は退職した翌日から14日以内です。

私の場合は国民健康保険料は会社の任意継続に比較して倍くらいととても高かったので会社の保険を継続させてもらっている。

但し、元の会社の任意継続といっても在職中は半額は会社が負担してくれてたわけだからこれからは全額自己負担となるから保険料は倍になるわけである。

原則として2倍になるが上限もあるので問い合わせてみる必要があります。
元の会社の任継続の場合は会社の担当者に退職の翌日から20日以内に手続きをしてもらいましょう。

会社の健康保険を継続の場合は給与明細の倍になると覚えておけばいいでしょう。

これは、冷静に考えてみると半額は会社負担だかありがたい制度だと思っていたが、
会社から外へ出て行く金額なので、会社は従業員に支払う給料をその分減らして収めていただけで、なんら従業員が得してるわけではないと思う。

いかにも、福利厚生をしているように見せかけている巧妙な仕組みだなと思う。誰が考えたのかは知らないが、上手くごまかしているなと個人的には思う。

余談だが人材派遣もそう。
就職希望者と企業をマッチングさせて成功報酬は企業からもらい就職合格者は無料というわけだけど、そんな間の業者に支払う金があるんだったら実際企業のために働く従業員に支払えばいいのにと思う。

しかし、なかなかマッチングしないからそこにビジネスが入る余地があるんでしょう。

国民健康保険に加入する場合は退職の翌日から14日以内に市町村役場で手続きをしないといけないのであまりのんびりはできない。


あなたの資産は大丈夫?