☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 健康保険はどうなる > 国民健康保険に加入しました。

健康保険はどうなる

国民健康保険に加入しました。

60歳で定年退職となりました。

健康保険の任意継続はない会社だったので国民健康保険に加入しました。

 

会社の離職証明と年金手帳を役所へもっていけばその場で手続きをしてくれて即保険証を発行してくれました。

 

保険料を銀行引き落としにする場合は、指定金融機関の口座が必要になります。 その金融機関の口座があればその通帳と印鑑を持っていけば申請書類が作れます。

 

保険料は自治体によりいろいろ算出方法が違います。 私の場足は、前年度の所得をベースに計算したみたいですが、あなたは固定資産がある といわれ固定資産税から計算してプラスされてしまいました。

 

病気やケガで使う治療費の保険に何で自分の支払う固定資産税が上乗せされるのか 全く理解できません。

 

私は持病が多くて、定期的に2〜3ヶ月おきに3つの病院へ行っています。 普通の人より病院代はかなり支払ってると思います。 それでも3割負担でなく保険を使わず全額自分で支払った方が、保険料の金額より安いです。

実際計算してみたんです。

 

じゃー 国民健康保険なんか入らないことにしよう治療費はあ全額自己負担しよう  そう思ってネットで調べてみると、 国民健康保険は強制なのです。 会社などの健康保険に入ってない人は強制的に入らないといけないのです。

 

そしてその保険料は病気や健康の度合いなどまったく関係なく収入や資産で決るのです。 いわゆるとれるとこからとりましょうという考え方ですね。

 

国民健康保険は、税金と考えて良いでしょう。 支払わなければ強制徴収されるみたいです。 財産差押えもあるようですからサラ金よりはるかに怖いみたいです。

 

 じゃーなんとか安くする手段はないのか・・・

 安くする方法はありました。 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

 ↓ ↓

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

 

トップページに戻る