☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 年金生活資金は > リタイヤ生活資金は大丈夫?

年金生活資金は

リタイヤ生活資金は大丈夫?

団塊世代をはじめ、これから定年退職して、年金生活が視野に入ってくる年代。 ゆとりある、豊かなリタイヤ生活の資金の確認は出来てますでしょうか?


総務省の家計調査によりますと、60代での月平均生活費は、1世帯夫婦2人として
28万円。70代では25万円だそうです。

生命保険文化センターの調査では、旅行や趣味などに使うお金も含める、
いわゆるゆとりある豊かなリタイヤ生活をするには、38万円必要だそうです。

夫婦二人がゆとりある豊かな生活で85歳まで生きるには、1億1,400万円
必要だと試算されています。

退職金や、貯金などがあるにせよ、これだけの資金に不安のないという人は
そんなに多くはないと思いますが、あなたは大丈夫でしょうか。

ローンなど残っていればこれは大問題だと思います。

1億を除いての1千400百万ですら、程遠いという人もいるかも
しれませんね。
はい!私です。

一度、社会保険庁に足を運び、年金はいつからいくらもらえるか
そして、自分の納めた年金が消えてないか、自分自身で確認
しておくことをお勧めします。

私はなかなか面倒で足を運びませんでしたが、行ってきました。
マスコミで騒がれているほど、対応は悪くないという印象でした。

年金の試算では、WEBで計算したのとそんなに大きくは
変わりませんでしたが、豊かな生活どころか、
切り詰めても生活維持は無理だと思うような金額でした。

つまり、年金だけでは生活維持は出来ないという結論です。
働くか、資産運用か、不労所得の構築か、収入源を確保しておかないと
いけないなと再認識しました。

あなたの資産は大丈夫?