☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 団塊世代が聴いた音楽 > クロード・チアリ

団塊世代が聴いた音楽

クロード・チアリ



エレキ全盛の時代に、エレキの音を聴きなれていた耳に突然現れた、クロード・チアリ

 

その、生ギターの音色は、なんともここちよい音色であった。 1964年「夜霧のしのび逢い」でソロデビューしているが、16歳で、ロックバンドを結成しており、ビートルズが前座を務めるほどの人気だったらしい。

 

洋楽、イージーリスニング、そしてソロのクロード・チアリ。 1944年フランスはニースに生まれ11歳から独学でギターを始めている。 現在は日本人の女性と結婚して日本に帰化している。

 

現役バリバリで各地で、チャリティーコンサートも数多くこなしている。 特に阪神大震災では、自らも被災しているにもかかわらず、全国各地で、チャリティコンサートを開き復興支援に多大な功績を残している。

 

なんとも、日本人の耳に心地よく、彼は日本に来るために生まれてきたのかと思う。 今でも、このジャンルでは、別格の存在であり、他の追従を許さない。

 

ヒット曲はたくさんありますが 代表曲はなんといっても 「夜霧のしのび逢い」

 

 私も時々弾きますが生ギターではなくエレキで弾きます。