☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 団塊世代について > 定年後の生活シュミレシーョン

団塊世代について

定年後の生活シュミレシーョン

定年後の生活シュミレーションはできてますか?

定年後の生活シュミレーションはできてますか?

マーフィーの法則にもあるように人間は思っているとそのとおりの方向に進んでいくといわれています。

たとえば、受験なんかで絶対合格すると自信をもって進んでいくと合格するし、どうせダメだろうなと思いながら進めていくと不合格になるという説です。

自分は億の資産は持てないと思っていれば持てないし、持てると思えば持つことが出来るといいます。

人間には自分の意思で動かせない部分がたくさんあります。自律神経がそうです。
それはそれで自意識とは別に潜在意識というのがあり、脳が適時にコントロールしてくれてるわけです。

たとえば、自然に立っていても無意識に倒れないように体のバランスを取り筋肉などに細かな指令を与えているから立っていられるんです。これも自律神経のおかげです。

立ち上がるときに、ここの筋肉にこれくらいパワーを与えてなんて考えながら立ち上がる人などいません。

何か食べたり飲んだりしたときに、胃に消化しなさいと指令を出したりしません。
噛む行為や、飲み込む行為は自意識ですがそこから先は自意識ではコントロールできません。

頭で意識しなくても自律神経がちゃんとプログラムしてコントロールしてくれてるんですね。

人間は潜在意識があるということを常には意識していません。

いいシュミレーションをすることが大切だといいたいのはそこなんです。

常にいいシュミレーションをしておくと自分の中にある潜在意識がそれに常に答えてくれてそのような方向に進んでいくよ、という説です。


リタイヤ後は南の楽園で暮らしたい
リタイヤ後は都心で暮らしたい
田舎暮らしをしたい
都会と田舎と半分ずつ暮らしたい
海外と日本と半分ずつ暮らしたい
親や、子供たちと2世帯3世帯住宅で暮らしたい
家を新築したい、リフォームしたい
旅行三昧の生活をしたい
趣味に没頭したい
地域の役に立つことをしたい
何か事業を起こしたい
起業したい
ボランティアをして役に立ちたい。
青少年のスポーツ振興に情熱を注ぎたい。

いくらでもあるでしょう。

そんなシーンに自分がなりたい、いや、なるんだとというイメージを常に頭に描いていれば潜在意識が成功に導いてくれるとマーフィー博士は言う。

人間は頭で考えたとおりにしかならないといわれています。

だから、私にはそんなことはできないといえばそれは実現できません。