☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 上司・先輩からの教え > 初心者に教えるときは

上司・先輩からの教え

初心者に教えるときは

これは、私の私的な思い込みであるが

私は、学校で習った専門とは、畑違いの職種に変更を希望したため、基礎を習ってなかったので非常に苦労した経験がある。

教える方は、当たり前に知ってることと思って軽く会話してても、その意味が全くわからないので、そこで次に進めなくなるのである。

たとえば、パソコンを習っているとして、「検索画面に、パソコンと打ち込んで検索してみましょう」と指示されたときを想定してみましょう。

この文書を今、読んでいただいてる人は100%理解できてる人でしょう。

ほんとの初心者なら、検索画面ってどうやって出すの?どこにあるの?
そこから教えてもらわないと次に進めないのです。

まず、Yahoo、やgooの検索のサイトの出し方から指導して、検索窓が
真ん中の上の方にあり、縦棒のカーソルがピコピコしてるとこがある。
日本語でひらがなを打てるようにしてからその窓の中に パソコン と文字を打ち込み
その右に四角で囲んだ検索のところへマウスのカーソルを持っていってマウスの左を1回クリックする。(又はエンターキーを押す)

文書だけで教えるのなら、このくらい噛み砕いてもいい。
クリックする場所がどこにあるかわかららなくて画面の中を探しまわるからである。

私は、専門以外の職種に自ら進んで希望したものの、理解できないのは
そんな部分が多くその意味では、大変苦労した。

今、習ってる、アフィリエイトも例外ではない。

教える方は、初心者の高さまで下りてきてはくれないのだ。
それは、悪気があるのではなく、気がついていないのだろう。

自分で、後から調べるしかない。それでもわからなければ、失礼にならない程度の
どんどん質問するのがいい。

自分で調べるのが先だが、私は時間が惜しいのと、面倒くさいので質問を先にしたものだが、自分で調べる癖をつけておかないとなかなか身につかないものだと知った。

そういう意味でも、最近のパソコンを使った教育、メールのみの一方通行で進める場合。
早いようでも実は遅い。

一つわからないところがあると、質問して回答を待たないといけないからである。

私が教える立場になったときには、自分が引っかかって理解できなかったところは痛いほど記憶してるので、念のため、理解してるかどうか確認しながら次に進めた。

専門学校を出てるのがほとんどだったため、理解してるのがほとんどだったけど、中には理解してないものもいたり、専門が違うのに理解してるものもあったり、先入観はダメだなと実感したものだ。

なかには、そんなのあたりまえじゃん みたいな感じの生意気なものもいたりしたが、
そういう場合は、次からの教え方は当然変わってくる。