☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 田舎暮らしのあれこれ > 田舎暮らしという響き

田舎暮らしのあれこれ

田舎暮らしという響き

トナカイ族が増えてきたというニュースをよく耳にするようになった。
トナカイのように季節に合わせて移動することかと思っていたら、ななな なんと、

トカイナカ族であった。 一字違いで大違いの勘違いであった。

都会と田舎 を引っ掛けたんですね。 都会と田舎を行ったり来たりそんな生活してみませんか? という総務省のサイトが人気だそうだ。

移住してしまうという発想ではなくて、生活基盤を複数にしたライフスタイルの提案である。

田舎暮らしに憧れてみても、家族や生活基盤を考えると、移住はリスクがある。 複数所持するには経済基盤は必要であるが、今までの便利な都会暮らしの生活基盤はそのまま残せるというメリットがある。

交流居住のススメ○全国田舎暮らしガイドで何処の県が人気かというと、自治体が力を入れているところが人気が高く、自治体が 力を入れてないところが、人気がないという結果だそうだ。

総務省のトップページには、タイプから探す ちょこっと のんびり どっぷり 行ったり来たり 学んでお手伝い 地域から探す 日本地図から キワードから探す 注目のキーワード 空きや クラインガルデン 雪 花見 田植え 入学 手作り などがあり、田舎暮らしを考えている人は、自分の求めるスタイルから 検索してみたらどうでしょう。

私は現在四国の片田舎に居住しているので、田舎暮らしをしているようなものです。

私は、自宅敷地内に畑がありまして、母が野菜を作ってくれてましたが 高齢になるとなかなか手が廻らなくなり、草が生え放題ということになりました。

これでは、いけないと思い、野菜を作ってみましたが、見よう見まねでやっても なかなか上手く育つものではありませんでした。

まず、虫や、野鳥対策を考えておかないといけません。 最初は、葉っぱ物はすぐに虫の餌食となりますから避けたほうが いいのではないかと思いました。

かといって、せっかくの自家栽培で農薬は使いたくないですし。 知っている人に学ぶのが一番です。

種まきしてから、収穫までは、時間がかかりますし、失敗すると次の 年を待たないといけません。