☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 田舎暮らしのあれこれ > いなか暮しの余計な費用

田舎暮らしのあれこれ

いなか暮しの余計な費用

田舎の土地つき一戸建てと都会の土地なし集合住宅・マンションなどを単純に比較してという想定で

田舎暮らしだと、不快害虫駆除などに費用がかかることがあります。
密閉度のいい家といえども、蚊が入ってくることもあります。
網戸のちょっとした隙間や、破れた部分。

賢い蚊は都会でもエレベータを通じて、高層階まで上がっていくと聞いたことがあります。

田舎でも玄関で待ち伏せしていて、人間の出入りを利用して、
屋内に侵入することがあります。

最近はめっきり少なくなりましたが、ハエも同じく。

蜂、蟻、蜘蛛、ムカデ、ねずみ などなど、駆除するか、お付き合いするかになるかも。

害虫駆除剤も定期的に買う必要があります。

もう一つエネルギーが必要なのは、雑草処理。

生える可能性のある環境の土地を所有してなければ
関係ない話ですが、暖かくなってくると、風に吹かれて種が
飛んできてますので、処理しても処理しても後から後から生えてきます。

処理するエネルギー、業者に処理を委託する費用、除草剤の費用などがかかります。

街の高層階に住んでいると考えられないことなのではないでしょうか。


おまけ

費用ではないんですが、害虫の困った例として
外に洗濯物を干していると、洗濯物の中に蜂が潜んでいる事があります。
知らずに着用して、子供が刺されて大騒ぎ なんてこともありました。
馬が端.jpg