☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 気になる健康管理 > メタボリックシンドローム

気になる健康管理

メタボリックシンドローム

内臓脂肪のたまり過ぎが原因のメタボリックシンドローム。
最近特にマスコミでも騒がれています。
このままほぉっておくと大変なことになる

全身の代謝異常により血圧や血糖、血中脂質など複数の
異常症状が起こっている危険な状態です。

豊なリタイヤ生活は、健康あってのこと。

一つひとつがそれほど重症ではなくても複合でお互いに影響されて
急速に動脈硬化を悪化させるといわれています。

ほっておくと自覚症状がないまま心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化の病気が
突然あなたの体を襲う恐ろしい症候群です。

脂肪細胞は、ホルモンのような物質を分泌するということが最近の研究で
わかってきました。

内臓脂肪は、代謝に関わるさまざまな物質を分泌し、通常は善玉が優勢なんですが、
内臓脂肪がたまり過ぎると、悪玉の物質が優勢になり、高脂血症から動脈硬化を悪化させて、心筋梗塞や脳梗塞を突発的に起こすといわれています。

■ メタボリックシンドロームの診断基準

おへその位置で腹まわりが男性85センチ以上、女性90センチ以上
でなおかつ

1 血圧高め 上 130mmHg以上または、下 85mmHg以上

2 血糖値高め 110mg/dl以上

3 高中性脂肪血症・中性脂肪値 150mg/dl以上または低HDLコレステロール値
40mg/dl未満

1〜3のうち2つがプラスされた値が当てはまれば、
おめでとうございます。
立派なメタボリックシンドローム認定です。