☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > 気になる健康管理 > 腰痛は、長年付き合っている

気になる健康管理

腰痛は、長年付き合っている

腰痛は、長年付き合っている苦痛の一つだが最近メールマガジンから知って
しまった。


腰痛は、骨に問題があるのではなく脳からの指令に問題があるのだという。
もちろん、骨の異常もないことはないので、まずは、ちゃんとお医者さんに
診てもらうということは、絶対条件ではある。

詳しくは日本語に訳された本がたくさん出版されているので腰痛で悩んでいる
という人は是非読んでみてもらいたいと思います。

腰痛は、医者で治さなくても本を読んで治せますよというのだ。
私は同じような内容の本を3冊買い、夢中で読んだ。

この整形外科医が聞いたら怒り出すような内容は、
ニュヨーク医科大学臨床リハビリテーション医学科教授である、
ジョン・E・サーノ博士の理論によるもので、
だれでもにわかに信じることは出来ないだろう。

蜂の一刺し とか悪魔の一撃とかぎっくり腰とかよばれる症状。
ちょっと体をひねったときに突然発生し、歩けないどころか寝ても
いられないほどの痛みが襲う。

今までの常識では、重いものを持つときの姿勢が悪いとか、
柔らかい敷布団は体が沈むのでダメだとかいわれてきた。
人間が2本足で歩くようになってからの宿命であるともいわれていた。

もちろん、すべてではないから医者で見てもらうのは絶対必要だが、
なるほどと思ってしまった。

腰痛だけではなくほかの病気にも当てはまることもあるかもしれないと
研究は進められている。

タイトルの「腰痛は怒りである」「心はなぜ腰痛を選ぶのか」にすべて集約されている
私は3冊とも買いました。