☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > ここが変わった。(生活) > ワイシャツ、ネクタイ 不要論

ここが変わった。(生活)

ワイシャツ、ネクタイ 不要論

会社出勤というのがなくなると、ワイシャツ、ネクタイ、ズボンの折り目
などという日常の当たり前のことが不要になる。

女性なら、メイクもほどほどでということになろうか。

いいこととか、悪いこととかは、この際別にして、人前に出るという日常から
開放されるので、知らないうちに変わってしまうということもあるでしょう。

定年、退職後も、勤務の道を選び、毎日有意義に働いている先輩の体験談によると
その先輩は、人前に出るという緊張感、会社の人やお客様と接するということで
緊張感が保たれ、健康維持や、生活のハリが生まれていると言っていたのが心に残っている。

ネクタイは、外国からの文化だが、見方によっては首に縄をつけられ忠誠を誓わされているとも見ることが出来るかもしれない。
(もともとの意味は知らないんですけど)

ネクタイをしないという生活で、自分に忠誠を誓い、自由な発想が生まれるのではないだろうかと思い始めている。

会社員でもネクタイをしない業種もあるでしょうけど、ネクタイをしないといけない
業種で考えてみると、自らの意思でネクタイをはずすことは出来ないけど、自由な道を選んでいる人は、ネクタイを締めるかどうかの、選択は自由である。

最近では、有名ITのトップがネクタイを締めないスタイルで、有名だったけど
一転、法廷に立たなければならない立場になってしまったときには、締めていた。

リタイヤしたら、毎日ワイシャツ、ネクタイは不要である。
しかし、全部捨ててしまえばいいというといえばそうもいかない。

ここぞというときにはピシッと きめ なければならない。

使われている立場ではなく、キッッチリと
自己主張するための大切なアイテムである。