☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > ここが変わった。(生活) > 車は小さくていい

ここが変わった。(生活)

車は小さくていい



団塊の世代ともなると、子供たちはもう一人立ちしているでしょうか。



家族揃ってドライブというシーンも少なくなってきているのでは ないでしょうか。




家族を乗せてというスタイルの車ももう必要としない。 自分一人で、又は夫婦でというライフスタイルが主流となり 団塊の世代でも、小さな車に乗り換える人が増えてきているそうだ。


特に軽四輪に乗り換える人が増えている。 私もそうだ。2リッターから、軽四輪に変えた。 最近の軽四は性能がよくなり、普通車の小型と比較しても 上回っている車種も多い。まだまだ、軽ヨンなんてという人もいるが 最近の高性能の軽に試乗してみることをお勧めする。



国際的な原油価格の高騰が拍車をかけているということもあるが 燃費とともに税金面などでも優遇されているから、年金生活に入って も負担が少なくてもすむ。



毎年かかる税金でも2リッターでは、4万近くかかるが、 軽なら7,200円である。 この差は大きい。高速道路の料金さえ安い。



その他、駐車場にとめるのが楽だし、小回りが利くのいで狭い道でも 苦にならない。 小さいから、洗車も楽である。



そして、この際、保険も見直してみることも必要だ。 最近は、各社特色を出してきていろいろ割引とかしてるし、 レッカー無料サービスなどの手厚いサービスまで登場してきた。



無料で、各社の見積もりがとれるので、おっくうがらずに 見積もり申し込をしてみたらどうでしょう。



最近は若者の保険料がとても高い。



子供たちも車をもっているという 団塊の世代も多いはず。それぞれ見直してみると大きな差が出てくる場合が 多いようです。