☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > リタイヤ人生どうしよう > 「遠い世界に」

リタイヤ人生どうしよう

「遠い世界に」

遠い世界に 旅にでようか それとも 赤い風船に乗って♪ 西岡タカシ氏作の団塊の世代には聞き覚えのある名曲ですね。



いつも仕事に追われてもしくは仕事が気になって、のんびりと旅行できたという人はそう多くはいないと思います。


社員旅行などの団体旅行ではなくてこれからは、行きたいところへ自由に出かけたいものです。



激安から、豪華客船まで、人生いろいろ、旅もいろいろ。 激安ツアーは私も利用しましたよ、憧れのハウアイ航路、じゃなくて 沖縄ですが。



ビーチ.jpg
万毛.jpg



 



欠点は、 ■ オプションが多いということですね。 観光地の入場料は別途とかいう感じです。 ツアー料金は確かに安いが、細かいところをよく見ると、自由行動になっていたり 含まないというキーワードがあったりします。



旅なれてる人はそこまで研究した上で比較しています。 私は、阪急交通社のお世話になりました。 旅なれていて、そして幹事になれている人が比較の上、計画してくれた、初めての沖縄旅行でした。



添乗員さんがとても親切でした。 旅の終わりに添乗員さんがどういう接客だったかのアンケートをばつの悪そうに 回してくるのですが、もちろん、いい点をあげましたよ。



会社から無理やりアンケートを取らされているという印象でしたが。



 



■ 2つ目は料理とホテルがそれなりということです。 それは、それで割り切って、質より数ということで、回数行く人がいます。



リタイヤすれば、盆・正月・GWなどは避ければいいわけで、安い時期を選んでいけばいいのです。 場合によっては半額、いや1/3という場合もたくさんなあります。



豪華客船は、まだ、利用したことはありませんが、27時間のフェリーの旅は経験しました。 舞鶴から小樽までの新日本海フェリーです。



feri-360.JPG
宗谷360.JPG



確か、深夜に出発して、一昼夜越して、早朝に到着という時間帯です。 中には大浴場や映画館もあり退屈はしませんでした。



それというのも、時間が決まっているからです。 食事も決まった時間しかレストランは空いてないので、その時間に行かなければならないし、浴場も、映画上映も時間があるので、それらを計画していると、わりと連続して 空いてる時間というのがないのです。



往復利用しましたから、27時間×2 乗船していたことになります。



単なる移動の手段というのではなく船の中で楽しませてくれます。 豪華客船はその値段以上の価値をもたらせてくれるでしょう。



いつかは行きたい 目標としております。 まずは身近な東京湾クルーズというのでお試しというのもいいのではないでしょうか。