☆☆瀬戸 流平です☆☆2011年秋よりリタイヤ生活に入りました☆☆

団塊世代、退職.web > リタイヤ人生どうしよう > 経済的・時間的自由を

リタイヤ人生どうしよう

経済的・時間的自由を

経済的自由と時間的自由両方揃って初めて、豊なリタイヤ生活と言えるのではないだろうか



そう思いはじめて、その他、いろいろな背景もあるが定年まで待たずに退職に踏み切った。


経済的自由があっても、いつも時間を気にしていたり、仕事が気になっていたりしては豊なリタイヤ生活といえないのではないだろうか。 いやそれでも、仕事が好きだからという人もいるかもしれないが、それはそれで、自分が好きなことをしてるのだから、豊な仕事生活といえるでしょう。



反対に、仕事しなければ、時間は有り余るほどあるが、収入がないのでは「豊」とはいいがたい。



お金がないとしたいことや好きなことが出来なくなるばかりでなく、基本的な生活さえしていけない。



何もしなくても、飲食費以外にも電気代、水道代、ガス代、電話代、携帯電話代、サーバー代、新聞代、NHK受信料、ケーブルテレビ料金、各種税金、車の経費、交通費、ローン支払い、各種会費、授業料、家賃、まだまだ、ぞろぞろ出てくる請求書の数々。



毎日、それらにおびえて暮らさなければならない。



そこで、私は経済的自由と時間的自由、両方を手に入れるために行動を興しました。 ネット時代だからこそ、可能であっただろうというのも大きなウエイトですが、まずは、ネットで出切ること、出切るだけリスクの少ないものなどから探しました。



そして一つずつ試していきました。何をやったかについては、別のページで詳しく書いていますのでここでは省略します。



ネットの世界では、「オタク」タイプがいいというのは知ってはいた。ニッチ分野で、誰よりもウンチクが語れるものがいいらしい。



しかし、私はなんにでも興味を示す広く浅くタイプなので正反対です。 それならそれで、いろいろ試してみようということで、無料で出切ることから始めましたが、ホームページすら習ったことないので、何をやっても挫折してしまいました。



一度、勇気を出して、有料情報を買ってみよう、そうじゃないと自分のレベルでいつまでたっても進化はないと判断して、勇気をふりしぼり、3万円で情報を買いました。



[A4]サイズ20〜30ページに書かれていることは、ホームページを自力で作れてその後のノウハウであり、ホームページを作れない私にとっては何の役にも立たない紙くず同然でした。



ま、最初はこんなもんだろう。こういうことも想定済みということで、中途半端なものより諦めがついたのではないかと思います。



そこで、また、しばらくは、有料は敬遠してまた、無料を探ししていましたが今度は、ブログをやってそれにアフィリエイトを貼ってみようとしました。



ほんとに売れるのかどうかの実験みたいなものです。売れるには売れたのですが1%の世界ですから、小遣いにもなりません。 無料はこんなものかと、悟りました。



そしてやはり、有料しかないと思いましたが、それも、星の数ほどある。2003〜4年ごろには、そんなにあふれるほどではなかったけど、2006年ごろには儲かるのか情報商材があふれるようになって選択にまよう。 一番気になっていたのは、「何もしないで月50万円!」だ。







元アナウンサーの石井貴士氏の理論には、すごいスキルがびっしり詰まっている著書も、何度も繰り返して読んだものだ。 しかし、ここの門を叩かなかったのは、石井氏が、大きく成長するにつけ、態度が横柄になっていったためだ。



厳しい指導といえばそれまでだが、ウンコ呼ばわりするのにはついていけない。しかし、自ら、作り上げた理論にはすごいとしか言いようがない。 彼の元で指導を受けた人は、続々と成功者を世に送り出している。



彼の著書によるとちゃんと理由があり株式会社ではなく、有限会社組織にしている。 残念ながら、プログラムは終了してしまったがもう一つ気になっているのが、宮川明 氏 だ。



今、無料のメールマガジンを読ませていただいているが、書かれてる内容は本物だと思える言葉ばかりです。ほんとにビジネスで成功させた実力者の重みのある、本物の言葉が凝縮されています。



私はHP作成技術がないので、どんなに優れたノウハウでも現状では使えそうもない。赤ちゃんにジョギング・シューズを買い与えても走れないのだ。



将来的に教材として必要なのではと考えている。 手ごろな中間帯の価格で人気なのが、「幸せwinバイブル」です。生涯サポート付きということなので、私にもできるかしらと自信のない初心者にも安心でしょう。



そして、最後になるが私が選択し受講してるのがマスターズ・アフィリエイト・スクール(MAS)です。しかし残念ながら2008年6月を持ちまして新規受講生募集は終了です。



私は、パソコンスキルレベルが低いので、いいノウハウよりも手厚いフォローがないとついていけなくなるというのが一番の理由したが、まさにそのとおりであります。



逆の発送で値段が高いのが一番フォローが厚いだろうとも考えました。 手ごろな、商材が役に立たなかったり、無料商材で時間をかけて遠回りしたからこそ、今度こそちゃんと基礎から習おうと思いました。



中国の、有名な格言に魚を与えるとそれを食べれば終わりだが、魚を取る方法を教えれば食べるのに困らなくなるというのがある。



手っ取り早くノウハウを手に入れて、早く稼ぎたいと言うのは人間の心理であり、そこに売り手がひしめき合って、キャッチコピーを投げてくる。



しっかりした本物は、買いやすい値段とは限らない。



今すぐ儲かるというキャッチコピーはあふれているが、逆に考えてみても、それはノウハウを買う側がすぐに儲かるというより売り手側が手っ取り早く儲かるということではないでしょうか。